【肉のヤマキ商店】御茶ノ水駅前にオープン。炭火焼肉丼が人気?のトリドール新業態店!

ヤマキ商店の焼肉丼(特性焼肉ダレ100g) グルメ




Pocket

トリドールが展開する肉のヤマキ商店がJR御茶ノ水駅前にオープンしました!「肉のヤマキ商店(お茶の水サンクレール店)」です。

トリドールといえば、丸亀製麺を展開して有名な会社ですが、「肉のヤマキ商店」というブランドでもお店を展開しています。

ランチの炭火焼肉丼が有名と聞いて、行ってきました!

肉のヤマキ商店の場所はどこ?

JR御茶ノ水駅聖橋口を出て、目の前の新お茶の水ビルディングの地下1階に肉のヤマキ商店が出店しました!

場所は非常にわかりやすい場所ですね!

スポンサーリンク

肉のヤマキ商店のお店の雰囲気!

肉のヤマキ商店お茶の水サンレール店の外観

新お茶の水ビルの地下に行くと、炭火で肉を焼いているいい匂いが漂っています。オフィス街ということもあって、お弁当の持ち帰りに並んでいる人も結構多かったです。

券売機

店の外に券売機がありますので、こちらで食券を買います。私は肉のヤマキ商店に行くのは初めてでしたので、一番スタンダードであろうと思われる「特製焼肉ダレ(上肉)100g」840円にしてみました。

店内入り口付近の肉の塊が入ったショーケース

店内に入ると、ショーケースの中に肉の塊が!そして、大きなスライサーで大量にお肉がスライスされています。写真は撮り忘れましたが、この隣で、スライスされた肉を大量に炭火で焼いておりました。

満席の店内で慌ただしく働く店員さん OLさんも多い満席の店内

オープンしたてということもあって、少し時間をランチ時間からずらしたのですが、満席状態です。女性の方も結構多かったです。

肉のヤマキ商店の焼肉丼!

ヤマキ商店の焼肉丼(特性焼肉ダレ100g) 付け合わせのキムチ

肉のヤマキ商店の焼肉丼(特製焼肉ダレ100g)です。付け合わせはキムチが出てきました!

炭火で焼かれたお肉

炭火で焼かれたお肉です。

炭火で焼かれたお肉をご飯と一緒に

ご飯と一緒に口に運ぶと、炭で焼いた独特の良い香りが漂ってきます。食べてみると、少し味が薄い感じかしました。

焼肉のタレ 焼肉のタレを足した焼肉丼

そこで、テーブルの上にあった、焼肉丼のタレをかけて食べてみます。私個人的には、少し焼肉のタレを足した方が、ご飯と一緒に食べるにはちょうど良い感じがしました。

味の感想は最後のまとめ部分にまとめています(笑)

スポンサーリンク

肉のヤマキ商店のその他メニュー!

券売機

今回は特製焼肉ダレの焼肉丼を食べましたが、他に「コク旨味噌ダレ」と「あっさりおろしポン酢」の焼肉丼もあります。汁物が欲しい人は一緒にわかめスープをどうぞ。

関西出身の私としては、肉すいセットが気になりました!

お持ち帰りメニューとそれに並ぶオフィスワーカー

お持ち帰り処では「焼肉弁当」も売っています。その他、唐揚げやハムカツなども売っていますので、オフィスで食べたい人には、便利かもしれませんね。

肉のヤマキ商店の夜のメニュー 肉のヤマキ商店の夜メニュー(一品メニュー中心)

夜は鉄鍋炭火焼肉と鉄鍋すき焼きをメインにした、居酒屋です。一品メニューもあります。私はどうしても肉すいに目がいってしまいます(笑)

まとめ:肉のヤマキ商店の焼肉丼は期待以下でした…。

私が期待しすぎていたのかもしれませんが、840円の焼肉丼にして味はイマイチといったところでしょうか。

個人の感覚としては、値段を下げるか、もしくは、同値段で肉の質を上げるかしないと、この業態では厳しいのではないかな〜といった印象です。

これでは、大手牛丼チェーンの焼肉定食に流れるお客さんが多いのではないかと思ってしまいます。コストパフォーマンスはそちらの方が断然上だと思いました。

ただ、関西では評判がよく、関東にも出店を増やしているので、オープンしたての店で、スタッフの焼き方などが慣れてないからかもしれませんね。

まだ、オペレーションもバタバタのような感じでしたから。

少し、落ち着いて、もう一度食べにいってみようと思います。

 



スポンサーリンク



スポンサーリンク