転職のススメ〜今すぐ転職しなさい〜

転職




Pocket

昔と違って、転職すること自体になんの抵抗もない時代になってきている。昔だったら、転職することで世間から反感を食らったり、場合によってはダメ人間のレッテルを貼られたりしていただろう。

現にfukkoが最初に転職したときと最後に転職した時を比べてみると、企業側も転職に対する意識が全然違っていたと感じた。

なぜ、fukko世代以下の若い世代の人たちは転職をするのだろうか。転職して何が変わるのだろうか。

スポンサーリンク

 

転職理由

転職理由は人によって様々だなんて言われますが、転職をした人、転職を考えてる人の99%、「転職の理由」って聞かれて、答える答は、会社が「嫌だから」が理由に決まってますよね。簡単に言っちゃうと。

残り1%は出産とか、親の介護とか、どうしても今の会社で働けなくて、転職しちゃう人もいると思いますけど、ほとんどが「会社が嫌」これに限りますよね。

 


転職理由の本音ランキングBest10

1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)

2位:労働時間・環境が不満だった(14%)

3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)

4位:給与が低かった(12%)

5位:仕事内容が面白くなかった(9%)

6位:社長がワンマンだった(7%)

7位:社風が合わなかった(6%)

7位:会社の経営方針・経営状況が変化した(6%)

7位:キャリアアップしたかった(6%)

10位:昇進・評価が不満だった(4%)

出典:リクナビNEXT

 

リクナビNEXTのランキングBEST10を見ても、これらの内容って、
まぁ、「今の会社が嫌」ってだけですよね。

 

スポンサーリンク

企業と人材のミスマッチは当然だ

若いサラリーマンで、特に大学卒業して会社に入社して、思ってたのと違うな〜、入社した会社間違えたかな〜って思って働いている人もいると思う。と言うよりほとんどの人がそう思って働いているんじゃないかな。

「思ってたのと違うけど、有名な会社だしなー」と心のモヤモヤと戦いながら、毎日会社に行くって感じで。

なんで、こんな気持ちになるんだろう。

よく、企業側の人事は、企業と人とのミスマッチを防ぐために、いろいろ考えて採用活動してみたり、インターンシップという制度で、企業で働くという経験をさせてみたりと工夫しながらミスマッチを減らそうを努力をしている。

でもね、どんなに工夫しようが、入社前に働かせてみても、ミスマッチがなくなることなんて、ありえないですよ。

だって、みんなその会社で働いた経験がないんですから。インターンシップは企業研究一貫であって働くということではない。実際に働く経験がない中で、お見合いさせているんだから、ミスマッチが起こって当然なんです。

だから、これだけ転職市場が盛り上がるんですね。

 

3社以上は経験しろ

fukkoは転職を3回して4社でのサラリーマン経験をしました。

同じ業界内で転職しても、社風も違えば、給与も違う。
会社の考え方も違うし、当然、人も違う。

若いうちは転職を繰り返して、いろんな会社を経験することを重視した方が良い。同じ会社で不満を感じながら、長年、務めることを美学としている、古い考え方は、捨て去った方が良い。

そして、転職した先で、前職の不満が解消されたとしても、また別の不満が飛び出してくるのも間違いない。それは会社員として、生きている以上、どこに行っても繰り返される問題なのだとfukkoは思う。

ただ、不満が出てきたときにどう行動に移すかは、いろんな企業で働いた経験がある人の方が長けている。いろんな会社を知っている人の方が、いろんな対処法を学んできている。

これは長い人生において非常に大切なことだと思う。

現に、fukkoも何社か経験して最終的に行き着いた場所が自由人である。

若いうちに会社を数社経験することが、
後々、大きな経験財産として役に立つことは間違いないと思う。

 

fukko
いや〜、今すぐ転職を考えろ!てか転職しろ!!

 



スポンサーリンク



スポンサーリンク