【STEAK&WINE Block】秋葉原の本格肉バル「ブロック」でローストビーフ丼を食す!

グルメ




Pocket

本格肉バルのブロックのローストビーフ丼をランチパスポートを利用して、お得にランチを食べて来た。


ランチパスポート神保町・神田版VOL.13 (神保町・神田・秋葉原・御茶ノ水・水道橋・飯田橋)

STEAK&WINE Block(ブロック)の場所

「ブロック」は秋葉原ヨドバシカメラの8階の飲食店の並ぶ一角に軒を連ねる、本格肉バルのお店である。

関連ランキング:ステーキ | 秋葉原駅岩本町駅末広町駅

 

JR秋葉原駅から直結している、秋葉原の8階ということもあって、ここの飲食店はどこも大盛況だ。エレベーターで8階まで上がると、今回目的の「ブロック」というお店が見えてくる。

スポンサーリンク

STEAK&WINE Block(ブロック)

夜来ても、ワインを飲みながら、美味しいお肉を味わえそうなバルらしい雰囲気です。

店内も肉肉しいデザインで、お昼ですが、ワインを飲みたくなってしまう気分にさせてくれます。

STEAK&WINE Block(ブロック)ローストビーフ丼

ブロックの人気ランチメニューがローストビーフ丼。もちろん、ランチパスポートのメニューもローストビーフ丼です。

早速注文すると、セットのサラダとスープが運ばれて来ます。そして、ソースを持って来てくれます。

右側のソースはお店のオリジナルのローストビーフのソースです。そして、左の白いソース。これはヨーグルトベースのソースです。

ヨーグルトソースは「お好みに合わせて使用してください。」と店員さん。じゃあ、お好みに合わせて使用してみよう。

そして、メインのローストビーフ丼です。ローストビーフでご飯が隠れてしまっています。これほど、ローストビーフに埋め尽くされているとは!

このお肉は赤身肉の火付け役となった、アンガスビーフを使用。

今さら聞けない!赤身肉ブームの発端アンガス牛の特徴ってなに?
出典:MACAROMI

ローストビーフの良いところは、肉本来の味が味わえること。炭火で表面を炙った後に、オーブンでじっくり焼くことによって、肉質が柔らかく、赤身本来の旨味を堪能できるのです。

早速、オリジナルのタレをかけて、一口食べてみます。赤身本来の旨味が噛むたびに口の中に広がります。そして、ご飯とタレの相性も最高です。

そして、ヨーグルトソースも付け足します。ほのかな酸味とサッパリ感が加わって、あっさりといただけるローストビーフに変化しました。

これはこれで旨い。fukko的にはかけすぎると酸味がきつくなりますので、数滴、垂らすくらいがオススメです。

これでもかってくらいローストビーフが乗ってますので、ローストビーフ好きにはたまりません。

スポンサーリンク

STEAK&WINE Block(ブロック)のランチパスポート価格

ランチパスポート利用でこのローストビーフが780円から540円(税込)に値引きされます。時間帯は平日の11:00〜15:00までなので、気をつけましょう。

なくなり次第、終了です。早めの時間に食されることをオススメします。

まぁ、普段780円なら、普通に言っちゃう気がしますけど。

 

夜は夜で、アンガスビーフのミスジやハラミなど、いろんな部位を食べることができるそうです。そして、40種類のワインを用意しているので、食事に合ったワインを選んで、楽しく飲めるの間違いなしです。

そして、お客の8割が食べる熟成肉もオススメということで、次回は夜に行って飲んでみたいと思います。

 

fukko
いや〜、ローストビーフ丼が低価格で食べられるのは、ありがたいね。

 



スポンサーリンク



スポンサーリンク