【成田山新勝寺】お参りと梅まつりのついでに「うな重」を食べる、日帰り旅!

旅行




Pocket

私は毎年、千葉県の成田山新勝寺まで足を運び、お参りに行っております。

なぜ、成田山新勝寺かというと、なんとなく、パワーを感じ、引き寄せられるのです。

初詣の時期は当然、人が多すぎて、お参りするのも苦労しますし、有名な老舗うなぎ屋さんでの食事は100人待ちなどの行列ができています。

ですので、私は毎年、2月、3月、4月あたりで、時期をずらして成田山新勝寺へお参りに行き、パワーをもらって帰ってくるのです。

スポンサーリンク

 

成田山新勝寺でお参り!

出典:公式ホームページ成田山新勝寺

 

成田山新勝寺の御本尊不動明王は、真言宗の開祖、弘法大師空海が自ら一刀三礼(ひと彫りごとに三度礼拝する)の祈りをこめて敬刻開眼された御尊像です。

もうすぐ、開山1080年になるそうですね。

私は特にどこの宗教・宗派などの信者ではありませんが、辛い時など、仏の言葉に助けられることは多々あったような気がします。

まずは「うなぎ」の前に、不動さまに手を合わせ、昨年のお礼と今年1年の抱負とを語ってきます。

参道のお店やお土産にも目もくれず、不動さま目掛けて一直線です。

そして、ご祈祷の受付を済ませ、本堂へ。

揺らめく、お護摩の炎を目にし、手お合わせ、本年の無事を祈ります。

スポンサーリンク

成田山新勝寺の梅まつり!

ちょうど、梅まつりとやらが行われておりました。

2月末〜3月初旬にかけての2週間ほど、梅まつりが開催されているんですね。

お昼まで時間があったので梅まつり会場へ突撃です。

成田山新勝寺のすぐ脇の成田山公園で梅が見れるんですね。

成田山新勝寺には毎年行ってはいるのですが、梅まつりは初めて見ました。

写真をあまり撮っていなかったので、成田市観光協会公式ホームページより写真を引用いたします。

蝋梅(ロウバイ)

 

紅梅

 

白梅

3種類の梅が成田山公園に約500本も植えられています。

これらの梅は樹齢70年を超えるそうです。

梅の花に囲まれた公園を散歩するだけで、心が洗われます!

花を見て、「綺麗だな〜」と感じるのは歳をとってきている証拠なのでしょうか。

昔は「綺麗」なんて言葉は「綺麗なお姉さん」にしか使ったことなかったことがありませんでしたが…。

梅まつり開催期間中は、「観梅の演奏会」や「甘酒進上」など、様々なイベントが行われています。

甘酒も無料で飲めますよ!

→成田山新勝寺の梅まつりに関しては成田市観光協会ホームページからご覧ください!

成田山のうなぎが有名な理由!

成田山は利根川と印旛沼に挟まれている土地がら、昔から天然のうなぎを食べる文化が根付いていたそうです。

近くでたくさん天然のうなぎが取れたのですね。

地元民の食文化としてはごく一般的に食べられていたそうです。

今は、成田山新勝寺にお参りに行こうと思うと、東京から電車や車を使えば、日帰りで簡単に行くことができます。

しかし、江戸時代なんかは、江戸から成田山にお参りするのはかなりの道のりです。

電車や車の交通機関がありませんから…。

参拝へ行くのに、相当時間がかかるにもかかわらず、多くの人々が参拝のため、成田山新勝寺に訪れるのです。

参拝者に、旅の疲れを癒してもらいたい、精力をつけて帰ってほしいと願う地元の商人たちが、うなぎを売り出したのが はじまりだそうです。

文献なんかは残ってないみたいなのですが…。

最近では、成田国際空港が近いこともあって、日本のうなぎを食べたい外国人で賑わっているようですね。

スポンサーリンク

昼食に「駿河屋」のうな重を食べる!

そんなうなぎで有名な成田ですが、オススメのうなぎ屋が成田山新勝寺のすぐ隣にあります、「駿河屋」です。

成田の中でも、老舗中の老舗です。

駿河屋のお店は別に紹介していますので、こちらからご覧ください!

→【関連】【駿河屋】成田山新勝寺横の老舗鰻屋は、子供連れも安心にうな重を食べられます!

【駿河屋】成田山新勝寺横の老舗鰻屋は、子供連れも安心にうな重を食べられます!

2018.08.27

 

成田山新勝寺の表参道をブラブラ散歩!

 

駿河屋でうなぎを食べた後は、成田山新勝寺の表参道をぶらぶら散歩しました!

成田山新勝寺の表参道にはいろんなお土産屋が並んでます。

どうやら、唐辛子が有名なようで、買ってみたが、香りが良く、非常に美味しかった!

表参道を歩いていると、成田市のゆるキャラ、「うなりくん」がいたるところでお出迎えしてくれました。

2017年のゆるキャラグランプリ1位だそうですよ。

「2番じゃダメなんですか??」なんてどこかの政治家が昔、発言してましたが、やっぱり、やるなら1位がいいよね!

娘は「ドラえもーん」って言ってましたが、明らかに違います!

参考:うなりくんオフィシャルHP

 

この表参道、フラフラしてるだけでも楽しいです。

こんな風景はいつまでも日本に残っていてほしいもんですね。

子連れでも楽しめるので、是非、関東在住の方は年に一度、足を伸ばしてみてはいかがでしょうか??

 

fukko
いや〜、お参りがメインなのか、うなぎがメインなのか…

 



スポンサーリンク



スポンサーリンク