【民泊】Airbnbとファミマが業務提携!サラリーマン不動産投資家は目が離せない!

不動産




Pocket

民泊サービス大手のAirbnb Japanとコンビニチェーンのファミリーマートが業務提携するとリリースされた。ファミリーマート店舗が民泊物件の鍵を預かって、宿泊者への鍵の受け渡しをするサービスを展開させるようだ。

それと同時に、「民泊物件の提供者と宿泊者向けに新たな商品を開発・提供する」という新しいビジネスモデルも築いていくそうだ。

これはなかなかおもしろい発想だし、今の民泊の問題点も少しは解消できるのではないか??

そして、東京都内でも空室率が目立つレジデンス物件にとっては、新たな収益確保の1つの選択肢になり得るかもしれない。

民泊とは

違法民泊などのニュースで「民泊」という言葉を聞いたことがある人も多いと思いますが、この民泊は海外からの旅行者からは根強い人気があるのです。

  • 民泊

自宅の一部やマンションの空室、民家や別荘を宿泊用の部屋として提供し、旅行者などに宿泊してもらうこと。

個人所有の自宅やマンションや別荘を貸し出しているので、宿泊施設として必要な、旅館業法等の遵法性の問題がよく、ニュースになっていました。要は、宿泊施設であるにも関わらず、法を守らず、勝手に貸し出していたのです。

それが民泊条例や住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行により、法の整備も整ってきました。行政への届出や営業日数の縛りなどはあるものの、以前より、合法的に参画できるのです。

アパートやマンションと投資用として所有しているサラリーマンで、空室に悩まされている人は、この民泊 での収益UPを検討している人も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

Airbnb Japan

Airbnb Japan は民泊サービスの最大手の会社です。部屋を貸したい人と借りたい人を結びつけてくれる仲介サービスを提供しているのです。

出典:Airbnb Japan HP

ホテルの予約サイトみたいですね。部屋を貸したい人はここへ登録して、借りたい人はこのサイトでお部屋を見つけて予約するんですね。

出典:Airbnb Japan HP

結構、オシャレな部屋もたくさんありますね。値段もお手ごろですし、旅行や出張で泊まるにはいいかもしれませんね。

世界中でこのAirbnb の別件は400万件にも昇ると発表されています。この数字、世界の有名ホテルグループのマリオットグループやヒルトングループ、インターコンチなんかより遥かに多い数字なんです。

ホテル業界にとっては脅威なのです。

ホテルへの投資は本当に大丈夫なのか??観光大国「日本」??

2018.05.12

そして、大手商社の不動産部門の人たちも、このビジネスは無視できないと、世界中のネットワークを駆使して、ビジネスチャンスを伺っているのです。

日本では最近の話ですが、欧米ではこれが当たり前の世界。中国人もAirbnb が大好きです。海外からのインバウンド需要に大きく貢献しているのも民泊の特徴です。

法的整備が整いつつあるとはいえ、問題も多いのが民泊…。夜中にスーツケースをガラガラと引きながら部屋を探す騒音だったり、閑静な住宅街での宿泊者の騒音。そりゃ、旅行者はテンション高いから、近隣住民からすると迷惑なのだ。

そして、鍵の問題。部屋に入るにはどこかで鍵を受け取らなければなりません。今まではその鍵をポストだったり、駐輪場などに南京錠で保管しているケースが多かったようです。

これでは、トラブルが増えるのも無理ありません。そこに、ファミリーマートが新しいサービスを提供することになったのです。

ファミリーマートの戦略

民泊の大きな問題である「鍵」問題。この解決に向けて、ファミリーマートが動き出したのです。

ファミリーマートは平成30年4月末時点で、全国17,114店舗(サークルk・サンクス含む。)、海外6,957店舗もある巨大コンビニチェーンである。

確かに民泊物件のある街にファミマは結構な確率であるのだ。そのファミマで鍵の受け渡しサービスが開始される。これは非常に画期的なことだ。さらに、海外旅行者の食品や日用品の商品の開発や販売も合わせて進めていく狙いだ。

確かに、旅行で、特に女性はメイク落としや化粧水等は小分けにされたものを持っていく人も多いだろう。そのようなものをいちいち持って行かずに、ファミマで鍵を受け取った際に、購入できる。

また、海外旅行者は日本の品物が大好きなのである。旅行者、ファミマ、Airbnb にとってメリットは大いにある。

今後の展開が楽しみだ。

スポンサーリンク

不動産投資家も注目?

現在、空室で苦しんでいるサラリーマン大家にとっては1つ、「民泊」が新たな収益アイテムとして検討できる段階にようやく来ているのではないだろうか。

今までは、違法性、近隣対策、物件保護の観点などから、空室を民泊にするのを、躊躇しているサラリーマン大家も多かったように思う。

もちろん、普通に賃貸に出して埋まればそれが一番安定的で良いに決まっている。ただ、東京23区といえども、空室率は上がっているし、競争力のない物件は残念ながら、この先も苦しみ続けなければならない。

そういう意味でも、今回のAirbnb とファミリーマートの提携は大きな一歩になるのは間違いない。

 

fukko
いや〜、民泊用の物件も、今後、探してみようかな。

 



スポンサーリンク



スポンサーリンク