【漢喫茶】神田の薬膳有名店で「うな重」を食し、玄米茶でリラックス!〜女性必見〜

グルメ




Pocket

東京千代田区神田須田町にある、薬膳の有名店で「うな重」が食べられる?そんな情報をランチパスポートから入手し、「うな重」を食べに行って来た。

その薬膳の有名店の名前は「漢喫茶」という。名前からすると「うな重」など出していなさそうな雰囲気がするのだが…。


ランチパスポート神保町・神田版VOL.13 (神保町・神田・秋葉原・御茶ノ水・水道橋・飯田橋)

「漢喫茶」の場所

東京メトロ銀座線「神田駅」5番出口を出て1分もかかりません。目の前です。JR「神田駅」からも歩いて3分程度のところに「漢喫茶」はあります。

中央通り沿いなので、非常に場所もわかりやすい。

関連ランキング:薬膳 | 神田駅淡路町駅小川町駅

 

確かに、「うなぎ蒲焼」の、のぼり旗は見えますが、本当に薬局のような雰囲気です。見た感じ、うなぎが出て来そうなお店には見えません。

ビルの中へ入ると、うなぎの暖簾がありました。ここで間違いなさそうです。ちなみに左の壁に描かれている女性が店主のようです。

スポンサーリンク

「漢喫茶」の店内

入店してみると、ますます、うなぎ屋とは思えない光景です。本当にここで「うな重」が食べられるのだろうか?

無数に薬膳の入ったビンが並べられています。飲食店というよりは、やはり薬屋さんのような雰囲気。

そして、また店主の写真が壁に描かれています。店主のお名前は、宮本先生と言うそうです。普段お店に居るそうです。

この宮本先生はテレビや各種メディアに取り上げられているほど有名な方で、薬膳の専門家のようです。私は知らなかったのですが…

この宮本先生はいろんな質問にも気さくに答えてくれるそうです。何か身体のことで、気になるようなことがあれば、是非質問してみてください。

この店に訪れる有名人も相当数いるそうですよ。

メニューを見て一安心です。ちゃんと「うな重」がありました。メニューは見ましたが、今回はランチパスポートを使用するので、ランチパスポートメニューを注文。

「漢喫茶」の うな重(梅)+玄米茶

「漢喫茶」のランチパスポートメニューは「うな重」と玄米茶のセットです。

結構、豪勢な感じで、「うな重」が運ばれて来ました。うな重と肝吸い、小鉢(厚揚げ)、お漬物、レモンゼリー、そして、玄米茶です。

お重を開けてみると、こんな感じです。うなぎの大きさは、まぁ、「うな重(梅)」ですからこんなもんでしょう。いや、十分です。

美味しそうです。一口食べると、「うな重」です。れっきとした「うな重」です。しかし、このうなぎのタレなんですが、他のうなぎ屋のタレとは全然違うんです。

大棗、クコの実、紅参など、102種類もの漢方をブレンドし、改良を重ねたタレを使用しているのです。しかし、漢方を102種類もブレンドして、なぜ、ちゃんとしたうな重のタレになっているのか、不思議なくらいです。

うなぎだけでも滋養強壮の効果はありますが、さらに漢方で滋養強壮を強化している「うな重」なのです。

実際に、美味しいです。漢方の臭さなどは全然ありませんでした。

そして、ちょっと変わった味がしたのが、このお吸い物です。普通の肝吸いではありません。漢方の味がします。

でも、美味しいんです。漢方は苦味が強くて、苦手という人も美味しく頂けると思います。何の漢方が入っているかは、お店の人に確認できなかったので、行ったときに聞いて見てください。

玄米茶です。

この玄米茶はリラックス効果が抜群なのです。その他、体に良いことだらけのお茶です。

 

玄米茶の効能が興味深い!知っておきたい玄米茶の効能と効果5選(出典:良好倶楽部)

 

「うな重」を食べた後は、この玄米茶でリラックスしてみてください。多分、女性の方はこのようなお店は大好きなんじゃないかと思います。

女性が多いのかと思っていましたが、男性も半分くらいいました。近くで働いているサラリーマンでしょうね。

不健康になりがちなサラリーマンですが、健康を考慮した「うな重」でパワーをつけてみてはいかがでしょうか?

この内容でランチパスポート価格で1080円(税込)です。健康的な食事(うなぎ)とリラックス効果の高い玄米茶を飲んで、この値段なら、お得感満載ですよ。

スポンサーリンク

「漢喫茶」 ホームページ

漢方や薬膳にご興味のある方はこのヘルシーキッチン「漢喫茶」のホームページも御覧ください。

是非、食べながら治すのコンセプトでやっているお店に足を運んでみてください。

 

fukko
いや〜、1080円でうなぎ食べて、健康になれるなら、いいよね〜


スポンサーリンク



スポンサーリンク