fukkoってこんな奴 〜NO.4〜

自己紹介




Pocket

大学時代

晴れて、東京の大学に合格し、夢いっぱいで上京しました。

私はただ単に、文系科目より理系科目のテストの点数が良かったので理系の学部に入学しました。

あとで考えると、文系にしておけば、もっと楽に単位が取れたのにとちょっとだけ後悔しています。

まぁ、文系だろうと理系だろうと、人生の中で一番自由に、一番楽しく過ごせる4年間であることに間違いはない。

夢の一人暮らし。都心の家賃は高いので、大学の最寄り駅から40分くらいのワンルームを借りて、結局一切使わなかった調理器具等も一通り準備して、家具も揃え、誰から縛られることなく自由に過ごせる自分だけの城。

胸が高鳴りました。最初、夜はちょっと寂しかったけどね。

入学式はスーツ着て、初めての土地で初めての誰かと出会って、初めて会話して、もうウキウキでございます。関西弁で話してたので、周りの人もすぐに寄ってきてくれて、仲間もすぐにでき、楽しい大学生活をスタートさせました。

サークルはもちろんテニスサークル。

入学式から一週間くらいは大学内でいろんなサークルの勧誘が行われています。

もうその風景だけでも大学きて良かったー、と私は大興奮。

テニスサークルだけでもたくさんあり、真面目にテニスをするサークル、ほぼ飲み会サークルに近いテニスサークル。

私は飲み会寄りのテニスもほどほどしているサークルに入りました。

お花見や新歓コンパ、新歓合宿、入学してすぐいろんな行事もあって、メンバーにも恵まれ、ほんとテニスというようより、飲み会が楽しくて楽しくて。お酒もだいぶ強くなったと思います。


追伸:未成年の飲酒は、禁止です!

彼女もできて、東京という大都会でデートしたり、旅行に行ったり、こんな楽しい人生が一生続けばいいのになーと思って過ごす私です。

そんな世の中、都合いいことばかりじゃないけど(笑)

サークル費や遊ぶお金を稼ぐためにアルバイトもしてました。

一人暮らしなので賄い付きの飲食店(居酒屋)。ここのメンバーも楽しくて、朝までシフトに入って、シャワー浴びて学校行って、授業寝て、夕方サークル参加してサークルの飲み会参加して、吐いて寝る。

みたいな生活を続けてましたとさ。

スッゲー体力あった気がする。今、思うと考えられないくらいの体力。若いって素晴らしい。

学業はというと、とにかく授業出なくても単位が取れる授業は出ない。半期で4回休んでも良い授業はきっちり休む。

二日酔いの日はもうしんどいから授業は出ない。

みたいな感じでサボっていたら、1年生から単位を落としまくり、結局卒業ギリギリまで単位取得に追われ、ギリギリまで卒業できるかわからなかった。ギリギリ卒業できましたけど。

ほんと、文系学部に行っていればもっと楽だったのに…

理系は実験や製図とかいう長時間拘束される授業があり、これの2つで週2日、午後は潰れてしまう鬼の科目。この2つは1回でもサボると単位の取得ができない。

それでもって1単位しか貰えない、まさに鬼科目。

日本の技術を支えるエンジニアになる人たちって学生の頃から頑張ってるんやね。そう思った。

大学3年生の冬からは就職活動というものを始めて、当然エンジニア、技術職なんて私には向いてないと思い、営業職のみ。

いろんな業界を見ても、実際に何やってるのか、よく解らなかった。そりゃそうですよね。社会人になったことないんだから。

なのに、周りの学生は企業研究とやらを繰り返し、異様に知識だけは詳しくて、いろんな業界の説明会や面接を受けていくわけです。

理系だったので大学院に進む人も多かった。で、4年になった春、4月1日に内定をもらった会社があったので、お世話になりますと内定の承諾をして、就職活動終了〜。

他はみんなまだ就職活動を続けている中、早々い切り上げて、最後の1年を楽しもうと遊びまくり、飲みまくり、の生活をしました。

なんとか、卒業論文もコピペを多用して書き終え、単位も取り終え、単位は取り終えたが、何も勉強の内容、知識は頭に残っておらず、楽しかったキャンパス生活を終了したのでした。

fukko
いや〜、大学はディズニーランドより楽しい!

 

スポンサーリンク

社会人(会社員)時代

不安と期待の変な感情で始まった社会人生活です。

ここから先はいろんな思いがあって、いろんな経験をして、今自由人として生活しているので、なになに時代とのくくりだけでは私自身、整理して書くことができない。

転職もして、それぞれで思うことがあった。良かったことも、辛かったことも。それはまた、私自身ブログの中で淡々と書き綴っていこうと思う。

fukko
いや〜、サラリーマンって…終わってる…

 

fukkoってこんな奴 〜NO.1〜

fukkoってこんな奴 〜NO.2〜

fukkoってこんな奴 〜NO.3〜



スポンサーリンク



スポンサーリンク