キャピタルゲインって?? 〜時期によっては大特するサラリーマン投資家〜

不動産




Pocket

「キャピタルゲインは、資産運用に対するリターン(成果)の一つで、ある運用資産(投下資本そのもの)の価格変動(市場取引)によって得られる収益(売却益、譲渡益、差金決済益等)のことをいいます。

具体的には、株式・債券・投資信託などの有価証券の売却益、信用取引・先物取引・オプション取引・外国為替証拠金取引・CFD取引・商品先物取引などの差金決済益、ゴルフ会員権・絵画・骨董品・貴金属(金、銀、プラチナ等)などの譲渡益(売買益)などが挙げられます。」

ってな説明分をよく見たり、聞いたりします。

要は、何か資産を持っていて、売却したときに売った値段から、買った値段を差し引いた利益のことを言うんですね。

不動産も所有していれば、いずれ売却するときがくるでしょう。その売却して得た利益をキャピタルゲインと言うのですね。不動産投資も売却してキャピタルゲインを考慮した上で、初めて儲かった投資かどうかがわかるわけです。

スポンサーリンク

 

キャピタルゲイン狙いの不動産投資は避けるべき

「不動産はインカムゲインをメインに考えるべし」とインカムゲインの説明の時に記載しました。なぜキャピタルゲイン狙いの不動産投資はよくないのか??

それは、買うタイミングが全てだからです。キャピタルゲインは安く買って、高く売るときに発生しますよね。

そのタイミングを狙っていても、物件は買えません。不動産の価格が安いときって経済的にあまりよろしくない時期なんです。そんな時期に銀行は不動産投資の経験が浅い人たちにはお金を貸したがらないのです。

そのタイミングで買えるのは不動産を既に数棟持っている、実績のある投資家か、不動産会社のプロの人たちだけです。(いや、不動産のプロでも、お金を引っ張るのは難しいかも…)

 

スポンサーリンク

キャピタルロスを最小限に

キャピタルゲインを狙う考えではなく、キャピタルロスがないように神経を使うことが、安定的に不動産投資をしていく上で大事になってきます。絶対にロスしないことを買う時に考えておかなければならないのです。

 

キャピタルロス:投資した時の価格よりも売却時の価格が低い事による売買損失の事を言います。

 

fukko所有の物件たちも時期を見極めて、絶対にキャピタルロスで損失を被らない時期に出口を迎えられるよう、購入時に考えていますし、常に考えているのです。

その時期を見極められるのも長期のローンを貸してもらえる不動産特有のメリットでもあります。

その見極める間はチャリチャリとインカムゲインの恩恵を受けながら、楽しく生きていれば良いわけです。

 

fukko
いや〜、キャピタルゲイン、欲しいか欲しくないかでいうと、欲しいけどね。


スポンサーリンク



スポンサーリンク