お金がすべてじゃないが、お金でしか買えない愛もある!

その他




Pocket

「お金」を稼ぐこと、「お金」を持つことに対してのイメージは人それぞれで、みんな考え方も違う。

まだ、日本では「お金」を稼ぐことに良いイメージを持っていない人も多い。少し違った表現をすると、「お金」を稼いでいる人が羨ましいと思うひがみもあるのだろう。

なので、日本では「お金がすべてじゃない」という言葉が広く広まっているのだ。

もちろん、「お金」がすべてじゃないことぐらい誰でも分かっています。それでも、私はお金はあればあるだけ良いと思う。

それは、「お金」でしか買えない「愛」「お金」では買えない「愛」に遭遇したから。

「お金」でしか買えない「愛」

「お金」でしか買えない「愛」。それは、娘と息子への「愛」です。

私達夫婦は不妊治療で、2人の子供を授かりました。

原因は私にありました。精子の数が少ない「乏精子症」と運動率が悪い「精子無力症」ってやつです。

なぜ、そうなったか原因は不明ですが、今まで同じ会社で働いていた同世代の男でも多かったので、ストレスが原因なのかもしれません。


これを読んでくれている、若い男性諸君。私みたいに毎晩夜中の2時3時まで仕事してると、こうなるから気をつけてくださいね!

この2人の子供を授かるには相当な時間と相当なお金がかかりました。

いくら「お金」がかかったか?

日本の平均年収が400万円台と言われていますが、そんな金額じゃ収まりませんでした。

トータル500万円くらいはかかってます。(人によっては1000万円近くかかる人もいるそうです。)

私の場合、病院も2つ利用したから、少し高額です。最初の病院では子供ができることはなく、諦めきれず、2つ目の病院を試し、ようやくできた子供たちです。

500万円のお金を私が持っていなかったら、この子供たちに出会うこともありませんでした。

親となって、親としての責任や喜びも味わうことはありませんでした。

そして、子供たちへの「愛」を注ぐことができませんでした。

お金があったから、得られたことだと私は思っています。

言い方があっているかどうかはわかりません…。

でも、お金があったから、「お金」で買った「愛」だと私は思っています。

スポンサーリンク

「お金」では買えない「愛」

「お金がすべてではない」もちろんそうです。「お金」では買えない「愛」もあります。

私達は、結婚してからも、なかなか子供ができず、検査をしてもらうと医師から「自然妊娠は不可能です。」と一言。

子供が欲しいのであれば、人工受精や体外受精ではなく、即、顕微受精をすることを進められました。

ショックでした。

私もショックが大きかったのですが、嫁も相当ショックを受けていました。

子供がいて、4人、5人家族というものに憧れていた嫁ですが、その夢が一瞬にして消えていく感覚です。

今の時代、夫婦2人で暮らしていく生き方を選ぶ人もいます。子供がいなくても楽しい人生を送っている人もたくさんいます。

そんな人生にすれば良いのかどうか?私にはわかりません。

不妊治療は男は情けないが、大して何もできないのです。男が原因であってもです。

嫁の時間、体力に大きな負担がかかります。精神的にもしんどいです。そして、莫大な費用かかります。

その上、子供ができる保証もありません。

もし、本当に子供のいる生活を望むのであれば、彼女の旦那は私ではなく別の人なのかもしれない。

離婚して、将来、別の人と一緒になった方が彼女の求める幸せな生活は手に入れることができる。そうも思いました。

そして、その話を夫婦でしたのです。

その時の嫁の言葉は

「何言ってるの?あんたみたいなアホな人間の遺伝子を、この世に残さないのは勿体無い。やったるよ不妊治療」

でした。

これは、「愛」なんでしょうね。「お金」では買えない「愛」なんでしょうね。

いくら私がお金を持っていたとしても、この言葉はお金で買うことはできません。この「愛」はお金で買うことはできません。

私が「お金がすべてではない」を実感できる貴重な経験です。

なので、世の中には、間違いなく、「お金」では買えない「愛」は存在するのです。

お金って

お金って不思議なものですね。

きっと人が生きていく上で、「お金がすべてではない」ってことが、大前提にあるのは、間違いないのです。

最低限のお金さえあれば、人は十分、愛に溢れる人生を送っていくことができます。

ただ、不妊治療を通して、お金を稼いでお金を持っておくことはめちゃくちゃ重要なことだと学びました。

お金は愛に溢れる人生を、さらに大きな愛の溢れる人生へと変えてくれます。必要なものです。

お金を稼いでおくということは、汚いことでもなく、非常に重要なことなのです。

読んでいただいた皆さんも、汚いやり方でなければ、どんな方法でもいい。お金を稼いで、人生をさらに「愛」の溢れるものへと膨らましていってください。

 

fukko
いや〜、お金で「愛」を買えることもあるんやね!そして、お金で買えない「愛」を見せてくれた嫁に感謝やね!


スポンサーリンク



スポンサーリンク